ダイビングインプーケット  |   ほうぼう屋プーケット店  |   ダイビングツアー詳細  |   体験ダイビング詳細  |   ライセンス取得

Entries

ダイビング@オスロブ


去年の休暇を利用して、フィリピンのオスロブに行ってきました。
オスロブは、セブ島の南東部にある小さな漁村ですが、ここ数年、ジンベイザメが湾内に集まっていることで
話題のダイビングスポットです。
セブ島への、ほとんどの旅行者が宿泊しているマクタン島からは車で片道3時間半から4時間もかかるため、
訪れるのは容易ではありませんが、各ダイビングショップで日帰りの弾丸ツアーを敢行しているようです。
僕の場合には、オスロブに宿泊してのんびりと潜ってみました。
ジンベイザメが湾内に集まるのは午前中、早朝だけとういうことなので、
朝から張り切って潜ってきました。
なんと一回のダイビングで12匹のジンベイザメが群れていました。
海遊館や、美ら海水族館の水槽に入ったと思えば良い感じかな。
もともとはこの漁村の漁師が廃棄するオキアミを目当てに集まってきたようですが、
本当の理由は不明で、欧米人の研究者が滞在して観察や研究をしているようです。
いつまでいつくかは全くの未知数ですが、一度くらいはこういう経験も良いとは思いました。 >> プーケットでダイビング ほうぼう屋プーケット店

プーケット日帰りダイビング−マリンパーク

マリンパーク


プーケットからの日帰りダイビング、デイトリップは、ラチャヤイ島、ラチャノイ島、
ピピ島、マリンパークと4方面に行き先が分かれます。
現在は、ピピ島ダイビング単体ではボートスケジュールがないので、
ピピ島+マリンパークという一日3本ダイブのツアーになっています。
マリンパーク方面は、島のない大海原の真ん中の隠れ根に潜るのが基本ですので、
中性浮力がしっかりとれ、自分で自分をしっかりコントロールできる中級以上のダイバー向けのダイブサイトです見所は、大型の沈船ポイントの「キングクルーザー」これは、日本からタイに輸入され運行していた大型フェリー六甲丸が岩礁に座礁して沈没したポイントです。船体の上部にはアジの群れや、大型の補食魚。
ボトムが30M以上と深いのでデコに注意して潜りましょう。
もうひとつは、「シャークポイント」その名の通り、サメ、レオパードシャークが良くみられるポイントです。
先端が海面から飛び出た1つめの根と、2つ目の隠れ根で構成され、根は色鮮やかな珊瑚やウミトサカやウミウチワなどで覆われ、竜宮城のイメージと言えるかもしれません。
大型の回遊魚から岩肌を除くマクロウォッチまで幅広く楽しめるポインです。
プーケットのダイビングは、ダイブサイトごとに本当に表情が違うものです。
1日ではもったいない!いろんなダイブサイトを潜ってみてくださいね。 >> プーケットでダイビング ほうぼう屋プーケット店

旬のおすすめはラチャイ島ダイビング

img069_400.jpg
この時期のダイビングポイントで、最もおすすめなのは、ラチャヤイ島です。
西からのモンスーンが吹くこの季節、島の東側に入れば、風を遮ることが出来るため、
海況も安定し、他の多くのダイブサイトと違って穏やかな環境で潜ることができます。
しかもこのラチャヤイ島の東側のダイブサイトは、この周辺の島々で最も透明度があがるのが、この時期になります。
島の南北沿いにいくつかの湾が連なり、毎日ダイビングに訪れてもポイントを変えることや、コース取りを変えることで飽きずに楽しむことが出来るはずです。
ポイントは、白い砂地にぽつぽつと点在する根を見ながらというスタイルから、
沖合の沈潜を探検、コンクリート漁礁を探索などなど、さまざまなスタイルで
ダイビングを楽しむことができます。
>> プーケットでダイビング ほうぼう屋プーケット店

Appendix

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ


ブログ内検索

プーケットのダイビングに関するコト。 ダイビングの悩み、疑問なども 検索してみてください。

Extra

プーケットでダイビング

ダイビングプーケット記事

プーケットのダイビングに関する最新記事です
プーケットのダイビングや、 ダイビングの疑問、安全などについて 更新中!

ブログランキング

よかったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

RSSフィード

ダイブプーケットのRSSです。