ダイビングインプーケット  |   ほうぼう屋プーケット店  |   ダイビングツアー詳細  |   体験ダイビング詳細  |   ライセンス取得

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>> プーケットでダイビング ほうぼう屋プーケット店

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://divephuket.blog74.fc2.com/tb.php/216-fdb63517
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

プーケットにひそむ水中生物~応急手当編②~

こにちわ

ほうぼう屋プーケット店よりお届けいたします

私たちの仕事場=海です

水中には陸上では決して出会うことのない生物がたくさんいます

彼らはとても繊細です、人間が触ってしまうと火傷をする種類もおります

そのため、防御反応のために毒や棘や顎の力など・・

様々な方法で自らを守っています


今日はその水中生物に誤って触れてしまった時の対処方法をまとめてご紹介します
*普段、プーケットで比較的出会うことのある生物のみをご紹介します
 緊急の時のご参考にして頂ければと思います

毒:毒は熱に弱いタンパク質であることが多いため、応急処置としては
  耐えられる程度の湯(40~50度)に30~60分浸すと良い
  その後病院で診察を受けてください


では、本日ご紹介していくグループは

グループ3
【ナマズ/エイ】
〇ゴンズイ→
 毒を搾り出し耐えられる程度の湯に30~60分つける

〇エイ→
 耐えられる程度の湯に30~60分つける
 *傷口から感染症に注意

プーケットダイビング ゴンズイ
ゴンズイ

グループ4
【ウニ/ヒトデ】
〇ガンガゼ→
 傷口の毒針を取り除くその後耐えられる程度の湯に30~60分つける
 *ガンガゼの針は中が空洞のためすぐ折れる、針は時間が経つと
  溶けて出てくるが、病院での診察をおススメします

〇オニヒトデ→
 棘を抜く~化膿止めを塗る

プーケットダイビング オニヒトデ
オニヒトデ

種類によっては生命を脅かす毒もあります。水中では人間は大変弱い生き物だと自覚し

水中生物を大切に、誠意を持って接しましょう

次回は応急手当最終章です




  
スポンサーサイト
>> プーケットでダイビング ほうぼう屋プーケット店

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://divephuket.blog74.fc2.com/tb.php/216-fdb63517
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ


ブログ内検索

プーケットのダイビングに関するコト。 ダイビングの悩み、疑問なども 検索してみてください。

Extra

プーケットでダイビング

ダイビングプーケット記事

プーケットのダイビングに関する最新記事です
プーケットのダイビングや、 ダイビングの疑問、安全などについて 更新中!

ブログランキング

よかったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

RSSフィード

ダイブプーケットのRSSです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。