ダイビングインプーケット  |   ほうぼう屋プーケット店  |   ダイビングツアー詳細  |   体験ダイビング詳細  |   ライセンス取得

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>> プーケットでダイビング ほうぼう屋プーケット店

アバサー汁


アバサ汁
ここタイ、プーケットは島ですので、もちろん海産物が豊富です。
タイ料理も全国的に一般的な料理も、土地のカラーが活きたシーフードものも多く、
バンコクから来たタイ人旅行者も珍しそうにしていたりする光景を見かけます。
例えば、イソギンチャクのカレー。ガンガゼのヤムサラダ。
プーチャカチャーンなどなど。
僕も、数年前に沖縄に行った時に、市場で「ヒトズラハリセンボン」を売っているのを見て、
「こいつも食えるもか!」と驚いたものです。
ハリセンボンはプーケットでも良くダイビングで見かける魚ですが、食べるものではありません。
沖縄ではアバサー汁というみそ汁のようなものにしたものを食べさせてもらいました。
いつも食べたい!という味では正直ありませんでしたが、これも地元の味。なのでしょう。
所変われば品変わる。郷に入れば郷に従えですね。

追記を表示

>> プーケットでダイビング ほうぼう屋プーケット店
スポンサーサイト

ダイビングで出会う不思議な生き物


プーケットではナイトダイビングは、あまり普段から盛んに潜ってはいないのですが、
いつも潜っているダイビングポイントでも昼と夜では全く表情が違うもので、
新鮮さ半分、ちょっと慎重にもなったりします。
でも、ナイトダイビングの最大の魅力はやはり日中より夜間に活動が活発になる生き物達を
目の当たりに出来る事ではないでしょうか。
昼までもコブシメやアオリイカなどのイカ類を見る事は少なくありませんが、
やはり夜行性というか、光に集まる習性のある彼らの生態は夜の海では目を見張るばかりに
鮮やかです。
このイカは、ハナイカ。全身をまるでネオンサインのようにクルクルと様々な色に発光させ、
突起を隆起させ体の形状を変えていく様は、まさに目を見張るというものでしょう。
>> プーケットでダイビング ほうぼう屋プーケット店

プーケット水族館

aqua.png

プーケットの南端東部、パンワ岬にはプーケット水族館があります。
この水族館には、プーケット近郊のダイビングでみれる魚や生き物が網羅されています。
中でも大きな水槽の中をチューブ状に通した通路からは、まるで海の中にいるような景観が楽しめます。
この水槽には、巨大なマダラエイ、レオパードシャーク、をはじめ、ロウニンアジやサメなどの大型魚が沢山泳いでいて圧巻です。
他にも、体調2メートル級のハタが沢山泳ぐ水槽や、希少種の水槽も多数。
プーケットで実際に長年ダイビングをしてきて、まだ出会ってないであろう生き物も。
ダイビングに行ってから水族館に行ってみるのも楽しいものです。 >> プーケットでダイビング ほうぼう屋プーケット店

Appendix

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ


ブログ内検索

プーケットのダイビングに関するコト。 ダイビングの悩み、疑問なども 検索してみてください。

Extra

プーケットでダイビング

ダイビングプーケット記事

プーケットのダイビングに関する最新記事です
プーケットのダイビングや、 ダイビングの疑問、安全などについて 更新中!

ブログランキング

よかったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

RSSフィード

ダイブプーケットのRSSです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。